第40回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会

第40回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会会長

東京大学医学部産婦人科学教室 教授 大須賀 穣

 このたび、学会会長として第40回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会を2019年1月19・20日に開催させていただきました。ご参加いただいた皆様をはじめとして多くの方々のご協力ご援助により盛会となりましたことを会長として心より御礼申し上げます。  
 さて、エンドメトリオーシスはいまや産婦人科診療において最もよく遭遇する疾患です。従来、本疾患は疼痛と不妊、ときに卵巣がんを引き起こす疾患として注目されてきました。しかしながら、近年の研究の進歩により子宮内膜症は妊娠合併症、生活習慣病など多くの疾患と関連があることが明らかにされつつあります。よって本疾患は女性の一生の健康に関連する疾患として重要性を増しています。
 少子高齢化社会となった我が国において女性の社会参加と活躍は将来を担う生命線です。子宮内膜症が女性のQOLを多様な側面において障害することは、我が国の将来を考える上で解決しなければならない問題です。このような現状を踏まえ、また、将来への光明を見いだしたいという思いから、今回はテーマを「子宮内膜症と女性の健康―多彩な視座から探求する―」といたしました。
 プログラムにおきまして、シンポジウムでは子宮内膜症の症状と就労の問題、子宮内膜症と妊娠・出産との関係、子宮内膜症の基礎的な最新知見、を取り上げてディスカッションしていただきました。ワークショップでは、若年者・閉経移行期、不妊症症例、手術困難症例への対応を発表していただきました。
 また、学会国際化の観点から、欧州、南米、香港、中国、台湾より合計6名の著名な演者にご講演いただきました。隣国台湾の子宮内膜症学会との交換プログラム(日台ジョイントセッション)では、本領域の次世代を担う先生方に発表していただきました。いずれの会場でも質の高い発表と熱心な討論が行われました。
今回の学会の成果を通して子宮内膜症という困難な疾患に対するアプローチが僅かかもしれませんが、しっかりと前進できたのではないかと考えております。子宮内膜症の診療・研究のより一層の進歩を願いつつ御礼の言葉とさせていただきます。