子宮内膜によく似た組織が骨盤内臓器に生着し色々な症状を起こす疾患を米国の産婦人科医Sampson(1921)はエンドメトリオーシスと命名しました。

 エンドメトリオーシスは紀元前1600年ころのエジプトのパピルスにも記されているほど古くから分かっていた疾患ですが、主に女性骨盤内臓器に発生し開腹手術か剖検以外には目に触れず、発生率も低いため、婦人科医にも関心の薄い疾患でした。その後も、主に本症の発生を病理学的に追求した散発的な報告が見られるにすぎませんでしたが、経口避妊に用いられた合成ステロイドによる偽妊娠療法、ダナゾールによる偽閉経療法の開発と腹腔鏡診の普及がエンドメトリオーシスの診療・研究に一気に拍車をかけました。1975年頃からアメリカ不妊学会の有志が中心になって国際学会が2年に1度ずつ開かれるようになり、1986年からは3年に1度、世界子宮内膜症学会(WCE)が開催され、多くの研究報告が発表されるようになっています。

 一方、わが国でも1940年以前はエンドメトリオーシスについての研究は殆んどなく、1976年に滝一郎編による「子宮内膜症のすべて」というモノグラフが出るまでは年に数編の報告があるにすぎませんでした。ちょうどこの時期にアメリカのGreenblatt(1971)によってダナゾールの優れた効果が報告され、わが国でも1977年より全国規模の治験研究会が行われました。本会は1980年に開催された「第1回ダナゾール研究会」に始まり、1982年に「エンドメトリオーシス研究会」となって発展を遂げ、今では国際的レベルに達するようになりました。本会は創設以来、年1回の学術集会を開催し、本年1月に仙台市で行われた第30回集会を機に、「日本エンドメトリオーシス学会」に名称変更しました。この間にあって日本産科婦人科内視鏡学会とともにエンドメトリオーシスの診断に対する腹腔鏡診の重要性を啓蒙してきました。また、1996年10月に横浜で開催された第5回世界子宮内膜症学会(杉本修・水口弘司 会長)の開催に貢献しました。

 このように「日本エンドメトリオーシス学会」は本症の研究や診療の中心的な組織としての役割を果たしてきたと言えます。

(2009年7月)

 

歴代代表理事(代表世話人)

1980〜1996 杉本 修(大阪医科大学名誉教授)
1997〜2001 水口 弘司(横浜市立大学名誉教授)
2002〜2008 武谷 雄二(東京大学教授)
2009〜現在 寺川 直樹(石井記念愛染園附属愛染橋病院院長)

歴代会長

   
  会長 主催校 開催地 開催年
第 1回 杉本 修 大阪医科大学 東京 1980
第 2回 杉本 修 大阪医科大学 京都 1981
第 3回 杉本 修 大阪医科大学 東京 1982
第 4回 杉本 修 大阪医科大学 京都 1983
第 5回 川島 吉良 浜松医科大学 東京 1984
第 6回 杉本 修 大阪医科大学 京都 1985
第 7回 小林  拓郎 東京大学 東京 1986
第 8回 岡田 弘二 京都府立医科大学 京都 1987
第 9回 高見澤 裕吉 千葉大学 千葉 1988
第10回 藤原 篤 広島大学 広島 1989
第11回  加藤 順三 山梨医科大学 東京 1990
第12回  森 崇英 京都大学 京都 1991
第13回 水野 正彦 東京大学 東京 1992
第14回 谷澤 修 大阪大学 大阪 1993
第15回 野田 起一郎 近畿大学 大阪 1994
第16回 水口 弘司  横浜市立大学 東京 1995
第17回 廣井 正彦 山形大学 横浜 1996
第18回 佐藤 和雄 日本大学 東京 1997
第19回 寺川 直樹 鳥取大学 米子 1998
第20回 永田 一郎 防衛医科大学 東京 1999
第21回 岡村 均 熊本大学 熊本 2000
第22回 植木 實 大阪医科大学 大阪 2001
第23回 高山 雅臣 東京医科大学 東京 2002

第24回

玉舎 輝彦 岐阜大学 岐阜 2003
第25回 星合 昊 近畿大学 大阪 2004
第26回 石川 睦夫 旭川医科大学 札幌 2005
第27回 木下 勝之 順天堂大学 東京 2006
第28回 梅咲 直彦 和歌山県立医科大学 和歌山 2007
第29回 深谷 孝夫 高知大学 高知 2008
第30回 岡村 州博 東北大学 仙台 2009
第31回 小西 郁生 京都大学 京都 2010
第32回 吉村 泰典 慶應義塾大学 東京 2011
第33回 増ア 英明 長崎大学 長崎 2012
第34回 鈴木 光明 自治医科大学 宇都宮 2013
第35回 堂地 勉 鹿児島大学 鹿児島 2014
第36回 井坂 惠一 東京医科大学 東京 2015
第37回 片渕 秀隆 熊本大学 熊本 2016
第38回 竹下 俊行 日本医科大学 東京 2017
第39回 北脇 城 京都府立医科大学 京都 2018
第40回 大須賀 穣 東京大学 東京 2019