子宮、子宮内膜および卵巣の解剖図 成熟した女性では卵巣から出るホルモンの変化によって毎月、子宮の内面を被う粘膜(子宮内膜)は発育し、妊娠しなければやがて剥がれ落ちて出血とともに月経となって外へ出てきます。(右図参照:クリックすると拡大されます)
 この子宮内膜によく似た組織が子宮以外の場所に発育して卵巣ホルモンの働きで症状を起こす疾患をエンドメトリオーシス(子宮内膜症)といいます。月経時にはその部分にも出血を起こします。

 

 エンドメトリオーシスの原因はまだよく分かっていませんが、大きく分けて2つの説が推測されています。・月経で剥がれた子宮内膜が卵管を逆流してこれが腹膜に転移、生着するという移植説・骨盤内臓器の表面を被う腹膜が何かの原因で子宮内膜に似た組織に変化(化生)するという化生説です。いずれも1つの説だけでエンドメトリオーシス発生の原因の全てを説明できません。