エンドメトリオーシスは月経と同時に病巣からも出血し、周りの組織を刺激していろいろな症状を起こしてきます。一般に(1)月経中の痛み(月経困難症)(2)月経時以外の腰下腹痛(骨盤痛)(3)不妊3大症状といわれています。

月経困難症
月経時以外の痛み
(骨盤痛)

不妊

月経時腰・下腹痛
排便・排尿痛
血便
血尿
下痢
(回を重ねるごとに強くなる)
下腹痛
性交痛

 
【子宮内膜症の3大症状】

1.月経困難症
 エンドメトリオーシスをもった女性のほぼ50%に月経困難症がみられますが、このうちで最も多いのが腰・下腹痛です。月経が始まると同時に下腹または腰に差し込むような痛みを覚え、数日間続きます。月経の回を重ねるごとに痛みは強くなっていきます。痛みの強さと病変の進行の程度とは必ずしも一致せず、どこの病変が痛みを起こしやすいのかまだよく分かっていません。そのほか排便、排尿痛や血便、血尿が起こることもありますが、これは病巣が直腸や膀胱に進んだためです。
 月経の度ごとの苦痛ですので、月経が近付くと気分的にも落ち込み、うつ状態になり、思考力や集中力が低下してきます。

2.骨盤痛
 エンドメトリオーシスが進行してきますと、月経時以外にも痛み(腰・下腹痛、排便痛、性交痛など)を起こすことがあります。これは主に病巣がダグラス窩や直腸と膣の間(直腸膣中隔)に広がって結節をつくり、これが刺激されるためです。従って、エンドメトリオーシスによる骨盤痛は病状がかなり進んだ状態といえます。
 いつ起こる痛みでもその強さや性質は本人以外ははっきりとは分かりにくく、これを正確に測れる物差しはありませんので、他人との比較も難しいのが実状です。そういう訳で、痛みの診断や治療の効果をいっそう高めるために専門医は多大の努力を払っています。痛みの本態を探り、確かな治療をするためにはあなたと専門医との間に和やかな信頼関係が結ばれ、なんでも相談できる雰囲気ができることが絶対必要です。

3.不妊
 女性不妊の30%以上にエンドメトリオーシスがみられ、エンドメトリオーシスの患者さんの30-60%は不妊だといわれています。
 では、エンドメトリオーシスになるとなぜ不妊になるのでしょう。女性不妊の絶対的原因は無排卵と卵管閉鎖で、この状態では自然妊娠は起こり得ません。エンドメトリオーシスの患者さんでは排卵はあり、卵管もよく通っていることが多いことが分かっています。そこで、エンドメトリオーシスが不妊を起こす原因は他にありそうです。
 エンドメトリオーシスは初期には骨盤の中の腹膜や卵巣表面に無色、赤色、褐色、黒褐色の病巣が斑点状に散らばってみられ、進行すると周囲の組織と癒着してきますし、卵巣はチョコレート嚢胞をつくって大きくなります。しかし、初期のエンドメトリオーシスでも不妊の患者さんが沢山おられるし、不妊の原因は活発な腹膜病巣の付近に貯まっている腹水が関係しているのではないかという研究があります。腹水のなかには血液が混じっていますが、とくに大食細胞(マクロファージ)やプロスタグランディンが沢山含まれています。このマクロファージは直接卵や精子をいためつけて妊娠を妨げるだけでなく、多くのサイトカインという物質をつくり、不妊に働きます。
 

 このようにエンドメトリオーシスは初期でも不妊の原因になることが分かってきましたが、実際には多くの原因が重なりあって妊娠を妨げているのだろうと考えられています。