エンドメトリオーシスは、骨盤内にでき外からは分かりにくい病気ですから、以前は開腹手術のときしか見つかりませんでした。
 しかし、最近になってお腹の中を覗く腹腔鏡検査が普及して初期のエンドメトリオーシスの診断が容易になり、その臨床研究がいっそう進んできました。
  腹腔鏡検査は入院が必要ですが、外来である程度見当をつける工夫がいろいろされています。

1.一次診断(臨床子宮内膜症)

【子宮内膜症の診断手順】
  1. 一次スクリーニング
I . 問診(主訴)
  • 月経痛(年齢とともに増強)
  • 腰下腹痛・性交痛・排便痛など
  • 挙児希望
II . 診察(直腸診)
  • 可動性が制限された後轉子宮
  • ダグラス窩硬結
  • 内診時疼痛
  • 癒着性付属器腫瘤
III . 超音波断層法
  • 卵巣チョコレート曩胞(筋腫、腺筋症の合併
IV . 血中腫瘍マーカー測定
  • CA-125、CA-199
V . 不妊検査
  • 卵管通過性あり、排卵あり

 2. 確定診断

腹腔鏡検査
開 腹
  • 組織診

◆患者さんの訴え
 前述の痛みを初めとした月経困難、骨盤痛、不妊のどれかがあればエンドメトリオーシスを疑いますが、この全部がある女性にはその疑いがいっそう強くなります。

◆婦人科診察
 膣直腸診で卵巣が腫れていたり、子宮の後屈や移動痛、ダグラス窩から仙骨子宮靱帯にかけての痛みの強いしこりなどがあると、エンドメトリオーシスの疑いが非常に強くなります。

◆画像診断
 経膣超音波診断(エコー)や磁気共鳴診断(MRI)で卵巣チョコレート嚢胞がかなり正確に診断できます(下図参照)。

◆腫瘍マーカー
 CA-125、CA-199がときに高くなることがあり、補助診断に利用されます。
 このような外来での検査には限界があり、とくに初期のエンドメトリオーシスは見つけることが非常に難しい病気です。

【膣式超音波断層装置の器械】
【磁気共鳴法(MRI)装置器械】
各写真をクリックすると拡大されます。
膣式超音波断層装置の器械
【膣式超音波断層法による卵巣チョコレート曩胞】
【MRIによる卵巣チョコレート曩胞】
膣式超音波断層法による卵巣チョコレート曩胞
MRIによる卵巣チョコレート曩胞 MRIによる卵巣チョコレート曩胞


2.腹腔鏡検査
 エンドメトリオーシスの診断には腹腔鏡検査を行って(下図参照)その診断や病変部の広がり、進み具合をはっきり記録し、また治療効果を確かめています。


腹腔鏡検査とは

【腹腔鏡検査とは】
(上図をクリックすると拡大されます)

●検査は1時間程度
 検査の前に、患者の緊張をほぐすために、穏やかな鎮静剤が投与されます。それから手術室に運ばれて、全身麻酔が施されます。検査は通常の場合、1時間以内に終わります。
 この検査中に腹腔鏡直視化手術が行われた場合は、回復するまでさらに日数を要します。

●危険性と合併症について
 腹腔鏡検査は優れた診断法ですが、全く危険を伴わないわけではありません。例えば、出血、感染症、麻酔の副作用が起こることがあります。検査の危険性と、検査にともなう症状の可能性について、医師は検査の前に、これらを十分に説明することになっています。

●検査の順序
 医師は、麻酔が効いたことを確認すると、炭酸ガスを使ってお腹を膨らませます。これで、お腹の中がより観察しやすくなります。
 次に、臍の近くの切開孔から腹腔鏡を挿入します。さらに、もう1〜2カ所の切開孔から、内部を詳しく検査したり器官を動かすための器具を、挿入します。観察が終わるとガスを抜き、切開孔を縫い合わせて閉じます。

●生体組織検査
 腹腔鏡を挿入して観察している間に、異常が認められた個所から、ごく小さな組織片を採取することがあります。これを組織検査室でさらに詳しく調べることによって、子宮内膜症かどうかが明らかになります。


  腹腔鏡検査は内視鏡検査のひとつで臍の下方から内視鏡を骨盤に向かって入れ、明るく照らし、レンズで拡大して病巣をみながら診断する方法です。
テレビの画面に写し出された病巣をビデオに記録し、後で何回も見直せます。必要があれば組織をとったり、同時に手術をしたりすることもできます。傷口が非常に小さいので後の回復も非常に早く、傷痕もほとんど残りません(下写真参照)。

【腹腔鏡を臍下より腹腔内に入れたところ】
お腹はすでに炭酸ガスで膨らませてある。
【腹腔鏡検査を実際に行っているところ】
モニターテレビに病像が映しだされている。
【腹壁創の状態】
腹腔鏡検査および手術の1ヶ月後
【電子腹腔鏡の先端】
この先端にテレビカメラが組み込まれている。

【電子腹腔鏡の全体図】
図をクリックすると拡大されます。



このように腹腔鏡検査は診断と治療を同時にできる長所があります。